2015/03/17 修了式・送る会&交流会

f0202120_21053813.jpg
修了式にふさわしい桜の花!Oさんがわざわざ持ってきてくれました。
悪天候で折れた桜の枝を室内で飾っていたら、修了式の朝に咲いたそうです。
f0202120_21050998.jpg
今年度も修了の日を迎えました。
6年目が9名、4年目が4名、3年目が3名、2年目と1年目が各1名、
合計18名のお名前を呼び、代表から修了証書を手渡しました。
証書を手にした学習者の一人一人は、
思いを語ったり、歌を一節披露してくれたりしました。
f0202120_21190204.jpg
1年目を修了された学習者さんへのメッセージ
「一歩をふみだされた勇気と学び続けるその姿に
敬意を表しつつ 感謝の気持ちとともに」
f0202120_21050664.jpg
6年目を修了された学習者さんへのメッセージ
「飽くることなき 学びへの想いは
六年の歳月を重ね やがて実を結ぶ」
f0202120_21250551.jpg
その後、「卒業式」が行われました。
くるかいに熱心に通われていたM子さんは、昨年12月に急に体調を崩され、
1月末に逝去されました。あっという間のお別れでした。
M子さんの四十九日である3月17日。
M子さんへの卒業証書は、ご主人のKさんが受け取ってくれました。
卒業証書に書かれた文章をご紹介します。

「あなたは入学以来勤勉に休むことなく『くるかい』に通い続けられました
よってここに『くるかい』を卒業したことを証します
 これからも私たちと共にいついつまでも学び続けていきましょう」

修了式と卒業式の後は、送る会・交流会へと続きます。
f0202120_21050708.jpg
大学の学位記授与式を間近に控えたMくんとSさん。
これまでどれだけお二人に助けられたでしょう。
Sさんがクリスマス・忘年会で、Yさんと演奏をしてくれたのも懐かしい思い出です。
「添田先生のゼミに入ったのは『くるかい』が気になったから。
『くるかい』では、皆さんの学ぶ意欲の高さを感じた。
学ぶ楽しさを知っている人もいれば迷走している人もいる。
当たり前だと思っていたことがそうではなかった。
新たに気付けたことが多くあった。これから先生になるが、
勉強の面白さがまだわからない子どもに
楽しさを教えてあげたい。」
f0202120_21050686.jpg
Mくんは1年生のときから『くるかい』に来てくれました。
「大学をエンジョイできない状態が大学入学後半年続いた。
大学1階印刷室横のリフレッシュスペース掲示板に『くるかい』のチラシを見つけた。
賀根村さんに電話して見学に行ったら、OさんやGさんが熱心に学んでいる姿を見た。
支援者でありつつも一緒にがんばりたいと入会した。
くるかいに通い続けて居心地が良くなった。
たまに行ってみようかな、と思うのが『くるかい』」

f0202120_21050732.jpg
乾杯の後、みんなでご馳走をいただきました。
心のこもった差し入れもありました。
f0202120_21050883.jpg
副代表のTさんからのメッセージ

「ライフワークでお年寄りのお話の『聞き書き』をしているが、お一人から
『お年寄りが一人亡くなることは一つの図書館がなくなるのと同じこと』
という話を聞いた。
人間は体も頭もある、いろいろなものを持っているが、半分は『思い出』でできている。
一人一人がかけがえのない思い出をたくわえて、いい顔になっていく。
卒業するお二人も新しい場所で、これまでの楽しかった思い出に加え、
新しい思い出を作ってほしい。
お二人とも、これから生徒に向き合う仕事をなさる。
色々な方に出会ったことは決して無駄ではない。
生身で人間の前に立つことは戦いでもある。
悩み、問題を抱える子どもの前に生身で立ってください。」
そして、Tさんからお二人へバンダナが手渡されました。

f0202120_21572766.jpg
最後はみんなで「今日の日はさようなら」を歌いました。
f0202120_21590055.jpg
学習者さんのスピーチで何度も出てきた、
「また来年度もよろしくお願いいたします」という嬉しい言葉、
スタッフからも同じです。
来年度も、どうぞよろしくお願い申しあげます!

くるかいは春休みに入ります。
新年度は4月14日(火)スタートです。
来年度も、くるかいに来るかい?
来てねー!!



 
[PR]
by kurukai | 2015-03-18 22:09 | 活動報告 | Comments(0)

あいうえおからまなべます。  2009年5月開校


by kurukai
プロフィールを見る
画像一覧